google-site-verification: google6c1142e83923ce90.html

香水とか香りのブログ「ギンコの香リズム」

ただの匂いフェチが拙い文章で語る香水とか香りの色々

ルラボのアナザー13にうっとり

今回はルラボ(LELABO)のアナザー13(Another13)について書いていこうと思います。

 

f:id:ginco_channel:20190424172156j:image

 

アナザー13はイギリスのファッション雑誌「アナザー・マガジン」とコラボして出来た香りで、パリのセレクトショップ、コレット限定として発売された香水でした。

 

それがコレットの閉店とともに、他のルラボの店舗でも購入出来るようになったそう。

 

最初の出会いは私が遠方ということもあり、なかなかお試しに行けなかった時に、公式サイトからムエットを取り寄せられることを知り、送っていただいたことがきっかけ。

 

全種類試してみて、その中で気になったものの一つでした。

 

その時は他にガイアック10やサンタル33、テノアール29が気になりました。

 

その後東京に行く機会があり、代官山の店舗で購入。

 

ルラボはメイドトゥオーダーといって、店内にラボがあり、注文してから作る方式になってますので、香水の出来立て新鮮な香りを持ち帰ることが出来ます。

 

購入したボトルは15mlで、持ち運びに便利なサイズ。

ラベルには作ってもらった日付が印字され、さらにオリジナルのメッセージを入れることが可能でより愛着が湧きます。

 

香りはというとムスクの合成香料を中心に構成されてるようですが、その香料の質の良さを感じます。

 

雑誌のイメージなのか現代的でカッコいい香り。

雑誌を表現してるのか紙というかウッディっぽさも感じます。

 

どことなくガイアック10っぽくもあり、拡散性はないのに静かにずっと香るくらいの持続性があります。

肌につけると本当に良く馴染んでまさにスキンフレグランス。

 

天然香料だけでなく、合成香料も質の高さが大事ということをあらためて実感。

 

アンブロキサンが中心なのですが、ジャスミンやモスも入っていて、ただのムスク系ではなく、シャープで洗練された印象。

 

ちなみにアンブレットシードアブソリュートも入っているそうですが、アンブレットとはムスクの香りがする希少な植物でその種子のことをアンブレットシードというそう。

 

そしてなんとそのアンブレットシードは女性ホルモンの分泌を促進してくれるらしいです…!

女性を魅力的にしてくれるというわけですね!

 

アナザー13は嗅ぐたびにうっとりする香水。

可愛いだけの香水ではないので、男女ともにお使い頂けるのではないかなと思います。

 

上質なムスクをご堪能あれ!

 

Another13 eau de parfum

15ml  10,044円(税込)

50ml  22,140円(税込)

100ml  33,480円(税込)