google-site-verification: google6c1142e83923ce90.html

香水とか香りのブログ「ギンコの香リズム」

ただの匂いフェチが拙い文章で語る香水とか香りの色々

美しい薔薇には棘がある、だからこそ惹かれるラフィーユドゥベルラン

薔薇の香水は数あれど、その中でも衝撃的な存在感を放つものがあります。

 

その香水こそセルジュ・ルタンスのラフィーユドゥベルラン(ベルリンの少女)です。

 

Serge Lutens La fille de Berlin

f:id:ginco_channel:20190509190319j:image

 

セルジュルタンスの香水のボトルはシンプルながらも洗練されたデザインに統一されていて、液体のカラーと香りによってそのストーリーが込められています。

 

調香したのはシャネルでも活躍しているクリストファー・シェルドレイク。

 

まずラフィーユドゥベルランの香り、一言でいうとめちゃくちゃカッコイイ。

最初にこの真っ赤に染まった血のような液体から香るのは、スパイシーな薔薇とペッパーの刺激的な香り。

薔薇といってもフレッシュな摘みたての可愛い薔薇というより、厚みと存在感のある芯の通った薔薇。

 

時間が経つとスパイシーさはトップよりも落ち着き、薔薇と甘酸っぱいベリーが混ざり合うと同時に、密かに続くスパイシーさが金属的な冷たい印象を持たせなんとも上品に香る。

 

最後の方になると、石鹸のようなフンワリとした残り香が心地良い。

 

ラフィーユドゥベルランは激しい情熱を感じさせ、ひとたび纏うと美しい記憶として脳裏に焼き付けるような魅力的な香水。

 

個性はあるのに煩くない香り。

 

人物像は胸に熱い想いを秘めているが、外見は落ち着いているような印象。

 

薔薇=女性というイメージが多いと思いますが、このラフィーユドゥベルランは男女問わずお使い頂けると思います!

 

セルジュルタンスの香水はどこか詩的というか、文学的というか、一つ一つが本のように物語を紡いで表現されているようだと感じます。

 

だからこそセルジュルタンスの世界観に惹き込まれるし、魅了されるのでしょうね。

 

ラフィーユドゥベルラン オードパルファム

50ml  13,000円(税抜)

100ml  20,000円(税抜)

 

 

 

透明感溢れる風のような香り、クリスタルオーヴェルト

草原のようなクリーンな緑と弾ける爽快感を感じられる香水といえば、これが最初に思い浮かぶといっても過言ではございません。

 

それはシャネル[CHANEL]のクリスタルオーヴェルトです。

 

f:id:ginco_channel:20190504041404j:image

 

長四角のボトルがシンプルで良いですね。

中の液体の色が薄いグリーンで、クリスタルオーヴェルトの香りにぴったり。

 

調香師はシャネルの香水ではお馴染みのジャック・ポルジュ。

シャネルでは他にチャンスやエゴイストなどを手掛けています。

 

香調はフローラル グリーン フレッシュ

 

トップノート:レモン、ベルガモット

ミドルノート:マグノリア、ジャスミン、ネロリ

ラストノート:アブストラクトホワイトフラワー

 

トップは弾けるシトラスの軽やかさで始まり、それはまるでレモンの果汁を絞ったみたいなフレッシュ感。

オリジナルのクリスタルはグリーンの青みや渋みを強く感じますが、こちらは同じグリーン系でもフレッシュさが全面に出ていて重さがない。

 

次第にマグノリアやジャスミンの上品で繊細なノートが優雅に香る。

しかしフローラルの中にもしっかりシトラスやグリーンが入っていて透明感が溢れ出ている。

それは時間が経っても変わらず、白シャツのようなクリーンな印象が最後まで続きます。

 

この香りは背筋がしゃんと伸び、それでいて気負わず使えて、人を選ばす纏える香水の一つだといえます。

香水初心者にも勿論おすすめですし、香水玄人の疲れた嗅覚を癒してくれそうです。

そういった意味でバイレードのインフロレッセンスと似ているなと感じます。

甘くないフローラルと透明感という点も、この二つの香水の共通点ですね。

 

この香水をつけてる時は良い香りがすると言われることも多く、この香りが苦手な方は少ないのではないかなと思います。

これから気温が上がってきて汗も出てくる季節になりますが、汗と混じっても嫌な香りになりにくいのが使ってて嬉しいポイントです。

 

受け入れられやすい香りというのは使い勝手が良く、日本人の嗜好にもぴったりですね。

 

ぜひこの風のように心地よくクリーンな香りを纏ってリフレッシュしてみて下さい。

 

クリスタル オーヴェルト オードゥ トワレット コンサントレ(ヴァポリザター)

 

50ml  8,800円(本体価格)

100ml  12,500円(本体価格)

 

陶酔するようなジンのカクテル香水、ジュニパースリング

お酒から着想を得た香水っていくつかありますが、あのお酒特有の香りって不思議と惹きつけられるものがありますよね。

 

今回はその中でもジンのカクテルをイメージした香水、ペンハリガンのジュニパースリングについて。

 

ジュニパースリング(JUNIPER SLING)

f:id:ginco_channel:20190502175051j:image

 

ボトルはペンハリガンの伝統的な瓶にシルバーのリボン、シルバーのラベルとクールなデザイン。

ジュニパースリングはペンハリガンでも数少ない布ではないリボンで、キリッとしたジンの香りのイメージに合わせてあるのでしょうか。

 

調香師は巨匠オリビエ・クリスプ。

オリビエ・クリスプはティエリーミュグレーのエンジェルなどのグルマン系から、ドルチェ&ガッバーナのライトブルーや、ケンゾーのローパケンゾーまでジャンルに囚われない幅広い香調を手がけています。

同じペンハリガンだと、ブランド初のグルマン系と言われる、エキノックスブルームも調香してますね。

 

ジュニパースリングはロンドンの黄金期1920年代へのオマージュとして、当時を象徴するお酒、ドライ・ジンからインスピレーションを受けたフレグランス。

 

香調はスパイシー フルーティー ウッディ

 

ノート:シナモン、オレンジブランデー、アンゼリカ、ジュニパーベリー、カルダモン、レザー、ブラックペッパー、イリスウッド、ブラウンシュガー、ブラックチェリー、ベチバー、アンブロックス

 

トップからキリリとしたジュニパーベリーやアンゼリカ、シナモンがキンキンに冷えたお酒を口につけた時の瞬間を感じさせ、カルダモンやブラックペッパーのスパイシーさが程よいキレを作り上げる。

 

レザーは強く主張せず、イリスウッドとともにジュニパーベリーたちを纏め上げ、肌馴染みを良くする。

 

時間が経つとブラウンシュガーが甘さを出してきて、ムスクのようなアンブロックスが、ジュニパーベリーたちを包み込みセンシュアル感をプラス。

 

媚びない気品や知性のようなものがあり、女性らしいとか男性らしいとかではなく、この香りを纏った人そのものを魅力的に見せてくれる香水。

 

そしてどこかアロマティックで落ち着くような香りでもありますね。

 

わりと季節問わずに使えて、高温多湿な日本でも、スッキリとしていて付けやすい香水だと思います。

 

お酒を飲まれる方もそうでない方も、この香水の魅力にクラクラと酔いしれてみてはいかがでしょうか。

 

ジュニパースリング オードトワレ

50ml  15,500円(本体価格)

100ml  21,500円(本体価格)

 

情景が目に浮かぶ、水彩画のような香水アプレロンデ

雨上がりって、特有の香りがしますよね。

濡れた土や植物から立ち上るホワホワとした懐かしい香り。

太陽が照り出して、葉に落ちた水滴が光で反射し、瑞々しい花々たちがキラキラと揺れる。

そんな一連の景色が匂いとなって辺りを漂います。

 

そんな雨上がりの情景すら香水で表現出来てしまったのがゲランのアプレロンデです。

 

Après l'Ondée(Guerlain)

f:id:ginco_channel:20190429203757j:image

 

この伝統的な美しいボトルにはゲランを象徴する69匹の蜂があしらわれています。

 

調香師はジャック・ゲラン。

ジャック・ゲランはゲラン一族の一人で、他にもシャリマー、ミツコ、ルールブルー、夜間飛行など数々の名香を手がけた天才。

 

アプレロンデが誕生したのはなんと1906年。

100年以上前に出来た香水であるにも関わらず、未だ衰えることなく世代を超えて幅広い年代の方に愛されている香水で、現在は店舗限定で販売されている特別な香水です。

 

香調はパウダリー フローラル

 

一吹きすると、アニスシードでしょうか、フレッシュで少し漢方っぽさのあるスパイシーな香りが出てきて、濡れた土や草を思い起こさせる。

 

するとすぐにアイリスやバイオレットのパウダリーで甘く優しい香りが出てきて、清々しい風と木漏れ日に揺れる雨の雫を乗せた花々の物語を作り出す。

 

アプレロンデの甘さは濃厚な甘さではなく和菓子のような柔らかい甘さ。

雨上がりのあの独特なホワンとした香りが脳裏に浮かび、湿度すらリアルに感じさせるよう。

 

これは輪郭をハッキリと描く美ではなく、まるで水彩画の水色や薄紫で描いたような、全体的に淡く、儚く、透明感のある美しさ。

 

アプレロンデを纏っていると、にわか雨の後の庭園を歩いているみたい。

こんなにも情景が目に浮かぶような香水が今まであっただろうか。

 

香り自体は強くなく、ノートもガラッと変化することもないので、この瞬間を切り取った香りが優しく続く。

 

雨上がりの情景を表現した香水だけあって、湿気が多い日本でも使いやすい香りではないかと思います。

 

アプレロンデはまさに絵画のような芸術…!ジャック・ゲランという天才がなせる技。

そんな香水をこの現代に生まれていても、時を経て纏えるというのはなんて幸せなことなんだと感じます。

 

今までも、そしてこれからもずっと時代を超えて愛される香水であって欲しいです。

 

アプレロンデ オーデトワレ

100ml  14,600円

 

香りを求めて航海の旅へ!ルガリオンのラローズ

ルガリオンは1930年に誕生した歴史あるフレグランスメゾンで、ナポレオンの血を引くプリンスミュラによって生み出されました。

 

名前の由来はパリのシンボルである四角い船尾を持つ荘厳な船を表していて、広い海原と自由の象徴だそう。

 

1950〜1960年代は、あのマリリン・モンローやブリジット・バルドーなどのハリウッドスターがこぞって「ソルティレージュ」を愛用したことで一躍ブームに。

その後アメリカ企業に売却され、ブランド価値が消費され、フレグランス界からその姿を消したそうです。

 

しかし2014年にニコラ・シャボの手によって、当時の処方は大事にしつつ、新たにモダンな香りとして復活を遂げました!

 

今回はそんな伝説のブランド、ルガリオン(LE GALION)から、ラ ローズ オーデパルファムについて。

 

LA ROSE

f:id:ginco_channel:20190428064920j:image

 

ボトルがシンプルなんだけどとっても綺麗!

黒いキャップが意外にも重厚感があります。これはそれぞれ好みがあると思うのですが、私はボトルのキャップは軽いものよりもある程度重さがあるものや、カチッとマグネットで閉まるものって結構好きなので嬉しいです。

 

香調はウッディ ムスク フローラル

 

香りの構成

トップノート:ベルガモット、バイオレットリーフ

ミドルノート:ローズ、イランイラン、アプリコット、ロイヤルリリー

ベースノート:シダー、パチョリ、バニラ、ムスク

 

調香師は20世紀に活躍した天才パフューマー、ポール・ヴァシェール。彼の代表作といったら名香ミスディオールですね。

 

ラローズは名前こそシンプルですが、その香りはローズと一言では語れない複雑さがあります。

調香師ポール・ヴァシェールが毎年70種類以上ものローズの香りを試して作り出した拘りに拘り抜いた調香で、まさに全ての女性への愛の香りなのです。

 

最初はベルガモットのフレッシュさが出るのですが、スプレーした瞬間でもガツンと強く香るのではなく、優しくシルクのような滑らかな香り立ち。これはバイオレットリーフやパチョリが作用しているのでしょうか。

 

フレッシュさが過ぎ去った後は優しく上品なローズとイランイランが調和しながら香ります。

ラローズの凄いところはローズローズしてないのに、香料を上手くまとめつつ一本芯が通ったような香り方をするところです。まるで無口でガツガツしてないリーダーなのに、皆が尊敬し立ててくれて、何も言わずとも纏まるチームのようです。

 

香調はウッディムスクフローラルとありますが、一貫してパチョリが感じ取れてシプレっぽくもあります。

最後はムスクやバニラが控えめに甘さをプラスし、とても心地よく品の良い仕上がり。

 

この香りが生まれたのは1950年で、現在もほぼオリジナル処方らしいのですが、クラシックとモダンさが上手く入り混じり、古臭さは感じさせず全く新しい香りとなって、現代にこそふさわしい香水になっていると思います。

 

私が初めてルガリオンに出会い、販売員の方からこのラローズの調香エピソードを聞いて、香りもさることながら、なんて素敵なのだろうと思い購入した思い出の香水です!

 

私が購入した時は100mlのサイズしかなかったのですが、現在は香りによっては50mlサイズもあるようですのでルガリオンが気になってた方や初めての方も手を出しやすくなってます。

 

歴史あるブランド、ルガリオンの香りを楽しみながら、当時の情景に思いを馳せましょう。

 

ル ガリオン オーデパルファム

50ml  12,500(本体価格)

100ml  18500(本体価格)